『好き嫌いが非常に分かれる【オオカミは嘘をつく】というイスラエル映画を観た(ネタばれあり)』

その他映画

TVが平成終了モードでつまらなさ過ぎてTSUTAYAで借りてみた『オオカミは嘘をつく』を観てみました。

『オオカミは嘘をつく』
原題:Big Bad Wolves
2013年 イスラエル映画

ほぼ半分は拷問シーンですので苦手な人は注意です。
が、
後の残りは謎のシュールなお笑い?ですのでご安心を(笑)

よーし、パパ拷問しちゃうぞぉ!

あらすじは連続少女誘拐事件の容疑者教師と停職中の刑事、犯人に娘を殺された父親の物語。
容疑者教師はただ、目撃情報だけで容疑者とされ暴力三昧の調べを受けます。
それこそ異常なくらい(笑)
証拠が無いので釈放されたものの、暴力取り調べの刑事が停職処分となり、彼に執拗に追い回されます。
更に被害者の父親に教師と刑事が拉致監禁されるのですが、もうここからカオスです(笑)

まず言っておきたいのが邦題でネタばらししちゃダメ(笑)
教師は犯人じゃないんじゃないの?ってミスリードのオンパレードで、本人も否認してるけど、『オオカミは嘘をつく』⇦嘘をつくって言っちゃってるじゃないですか(笑)

こうして地下室で繰り広げられる拷問の数々。
被害者の父親の父親が加わり更にカオス(笑)

タランティーノ絶賛もうなずける(笑)

結局犯人は自白せず、薄笑いを浮かべながら拷問の末死んでいくのですが、途中途中のシュールな笑いが緊迫感を薄めてくれます。

決して多くを語らないラストも好きですが、2度ほど出てくる意味ありげで全く意味のなかった馬に乗ったアラブ人が好感を持てた(笑)
彼のセリフ

「アラブ人はみんな狂暴だと思ってるのかい?」

が、この物語を表現しているのだろうと思った(そんなことはないw)。

クエンティン・タランティーノが本当に大絶賛したかどうかは別として、こういう映画に常識なんか求めちゃいけない(笑)
制作者はいかに観客を騙そうかと様々な手を尽くしている。
だから真面目に観てはいけない。
それぞれの行動を理解しようとしてはいけない。
全て寛大にスルーすべきです(笑)

こういう映画、嫌いな人は嫌いなんだろうなぁと思いつつ、最後まで楽しみました。
ただ残念なのは邦題だけだ(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました